NHK紅白最後の出演になるのか?!キンプリ三人脱退なぜ?

NO IMAGE

2022年のNHK紅白歌合戦のメンバーが公開されましたが、その中でもう見ることのできないグループがあります。それはまだ記憶にも新しい、ジャニーズの「嵐」と同じ事務所に所属している「King&Prince」です。六人からスタートしたキンプリですが、岩橋玄樹がまず脱退しました。

そして今回、は三人のメンバーが脱退することになり、残り二人になるのでキンプリは解散になるのか?考察していきます。

 

 

スポンサードリンク

2023年にメンバー3人が辞める?今のメンバーは解散の危機!

King&Princesはジャニーズ事務所前社長のジャニー喜多川が、生涯最後にデビューさせたグループですが、2023年の5月22日をもって、平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太の三人が脱退することが決定しています。

この日はデビュー5周年の記念日でしたが、三人が卒業し永瀬廉、高橋海人のふたりで再スタートとなる記念日になってしまった。

今のメンバーは五人でその内の三人が止めてしまうのでメンバーで残るのは永瀬廉、高橋海人のふたりになりました。2人でも続けてほしいですね。

キンプリは人気グループなのか?

キンプリのファンクラブの会員数は、調査した当時は940000人でこの人数はジャニーズの中では2位になります。ダントツに会員数が多いのは、「嵐」の3030000人でまさに飛び抜けています。
この会員数だけで見ると、キンプリの人気があるのがわかります。それぞれのメンバーだけでも人気がありましたが、グループを組むことで相乗効果でより増した感じがしますね。

だから二人になっても人気はそれほど落ちないでしょう!

 

スポンサードリンク

それではなぜ脱退することになった?

三人が脱退してしまったことについて、11月4日に脱退表明をし、その4日前には滝沢秀明副社長が退任発表しました。それと関連があるのか調査していきました。これから加速していくときになぜこのようになってしまったのでしょうか?

ジャニーズの公式サイトでは「それぞれの目指す方向が異なっている」ことでした。しかし本当にそんな理由だったのでしょうか?嵐はそうでしたが真意を確かめていきます。

キンプリの不仲説は前々から話題にありました、中でも岸優太さんと、永瀬廉さんに対するいじめや仲間外れなど心配な声もありました。

 

キンプリの喧嘩エピソードがあった!

2021年に脱退した岩瀬玄樹さんの脱退理由がパニック障害であったことからメンバーからのいじめがあったのでは?と噂もありました。インタビューを受けた際も、神宮寺さんがいなくなるならキンプリを辞めるとも言っています。

そして、2018年の10月放送の番組では小学生のころに受けていたいじめについても明かしていました。

 

 

スポンサードリンク

今年最後の出演になるキンプリNHK紅白2022年

今年の紅白歌合戦でking&Princeとして最後の出演となります。

 

ジャニーズカテゴリの最新記事