未分類

2020年台湾旅行安心お出かけバスツアーで観光名所めぐり

週末に気軽に海外旅行できる距離にある「台湾」、成田空港から約4時間で行ける(九州からは約2時間)、時差も1時間ほどなので次の日の仕事にも差支えなく安心して行ける。

 

ミスタードーナッツなどでも、台湾果茶など人気が高まってきている、その他にも台湾ラーメン、まぜそば、カステラ、エステ様々な見どころ観光名所がある。
気になる言語については、学校や公共の場では「中国語」が一般に奈っている、「台湾語」も存在するが台湾南部の方の家庭ないなど親しい仲で話すときに使う時だけのようです、しかし中国語と台湾語は発音なども全然違ってまったくの別物と考えてください。
日本語もある程度通じるので発言には注意しましょう、挨拶程度の中国語を勉強してから行くと楽しさも増えるでしょう。

 

ちなみに「おじさん」「おばさん」も台湾語でも一緒の意味なので気を付けましょう。

 

 

観光地

有名な観光地は「台北」です一番都会感があり発展しているところです、台北101というタワーは2007年までは東アジアで一番高い建物でしたが、ドバイのバージェカリファに抜かれましたが、今でも人気の高い観光スポットです。
6階まではショッピングモールになっており様々な買い物ができます、89階には展望台があり91階には屋外展望台があり街の隅々まで眺めることができます。

 

 

「中正記念堂」も台北からアクセスしやすく有名な場所です、まずは高さ30メートルもの門をくぐって資料館に入っていきます、ここでは台湾の歴史について学ぶことができます。特に観ておきたいのが衛兵交代儀式です、毎日10:00~17:00まで一時間おきに行われ、時間は10分くらいです、近衛兵の統括された動きに感動するはずです。

中庭にはコイの餌の販売機がありこれも一風変わったデザインでおもしろいです。

 

郊外には北投温泉(ペイトウ)がある、台湾にも日本と同じく温泉がたくさん湧く。台北から車で40分ほどで行けます、日本でいう箱根のような感じで、白硫黄泉、青硫黄泉、鉄硫黄泉の3つがある、旅の疲れを癒しに行かれてもいいかも。

 

今人気が出てきているのは「高美湿地(ガオメイシーターディ)」です、台湾のウユニ塩湖とも呼ばれています、地元の人にはバードウォッチイングとして知られていて鳥の種類は120種を超える鳥が観れるそうです。アクセスは台中駅から直通のバスが出ているので非常に行きやすいです。
11月から2月までは水位が上がり湿地に入れない場合がありますので気を付けましょう、しかし夕日の景色は何とも言えないほどの景色なのでぜひ行ってみてほしいです。

 

 

グルメ

台湾グルメは日本にもやってきているがやはり本場で味わうのは格別だ、まずは「ICE MONSTER」でマンゴーかき氷を頼めばまちがいないです、ふわっふわっの氷にたっぷりのマンゴーが添えられ暑い夏には最高です、その他にもキウイや抹茶のかき氷、タピオカドリンクなどもありどれもおいしそうです。日本にも進出していますが台湾に来たら一度は来てみたいお店です。

 

次はやっぱり鼎泰豊(ディンタイフォン)の小龍包です、店舗は世界12か所にも展開しています、日本にもありますが本場の味も味わいたいですね。他にも豚肉饅頭や黒ゴマ饅頭などありどれも簡単な料理に見えて細部にまでこだわった料理の数々堪能して欲しいです。

 

 

もっとも人気が高い店は「宮原眼科」です、眼科と言っても医療ではなく、カフェレストラン兼お土産屋さんのアイスクリーム屋です。
元々は1927年に日本の眼科医の宮原武熊氏が開業した建物で、1945年の日本敗戦後は台湾政府が台中市衛生院として利用していました。そののち菓子メイカーの日出が買い取りリノベーションして今の店舗になっています。
カフェレストランでは最低消費額が決められていて少し驚きますが、飲み物とランチをすれば十分ですのでゆっくりしてみては?一番人気は米粉で出来たパイナップルケーキです、見た目も豪華でインスタ映えもばっちりです。

 

 

旅行での注意点

 

  • 両替:クレジットカードで現地ATMでキャッシングがおすすめ
  • 水道水:水道水は現地の人も飲まないのでミネラルウォーターを購入
  • 交通安全:交通状況は非常に危険運転が横行しているので青信号だからと安心しないで
  • チップは不要:一部のレストランではサービス料10%取るところもあります
  • 地下鉄は飲食したら罰金:
  • 日本語が通じる:
  • クラブ:
  • トイレ:
  • ドリンクスタンド:

 

 

 

 

本田圭佑が今度は中高生向けに格安オンラインスクール開始月額1ドル

元サッカー日本代表の本田圭佑経歴は、1986年生まれ大阪府摂津市出身。サッカーサッカーの指導者であり、日本の実業家でサッカースクールの経営者である、現在はボタフォゴFRに所属している。三度のW杯に出場しており、病気で目がはれつているような感じになっている。 続きを読む